• 社会福祉法人愛善信光会 亀岡保育園
  • 都府亀岡市北古世町1丁目18-1
    電話 0771-22-0469
  • 新着情報
    お問い合わせ new



  • 日常所感ブログ
  • 募集要項
  • リンク集
  • 個人情報
  • お問い合わせ
  • TOP  >  沿革・歴史 > 40周年の集い
  • 沿革・歴史
  • ○ 沿  革   ○歴  史   ○創立者・初代園長 出口光平   ○40周年の集い

  • 40周年の集い

  • > 出口 操  > 川島あいこ  >座談会1  >座談会2  >座談会3  >座談会4
  • 二代目園長 出口 操  ごあいさつ

  • 本日は、遠路はるばる、また、それぞれに大切なご用をお持ちの皆さま方には、ようこそお繰り合わせ頂き、おこし頂きました。
    今日お顔の見えます皆さま、またお出でになれなかった方々は、それぞれにこの亀岡保育園の、40年間の一時期に青春を燃やし、子どもたちのために、精いっばい身体ごと打ち込んでこられました方々です。
    内輪ながら、40周年を祝うことが出来ますのも、皆さまのおかげと感謝し、また、会を催しますのに当たり、川島先生を始め実行委員さまに、ご苦労をかけましたことをご報告し、お礼申し上げます。
    また、この記念行事のパーティーには、お茶席を木田先生に、お料理は保護者会友の会の皆さま方にお世話になり、本当に有り難く、この場をお借り致しまして心からお礼申し上げます。
    実はこの法人と致しましては、移転新築致しました折に落成式をしまして、40年と言う事には、特別の事はしないと予定いたしておりましたが、私が30周年の時から心に温めておりました事がございまして、それは年史には載せきれず、整理されたお話や、日頃の保母たちの様子等、機会があれば文集のような物にまとめたいと思い、川島先生や、只今の園の主任たちに相談致しました所、快くうけて頂き、この度の運びとなりました。
    このお仕事は、真から子どもたちが好きでなくては続かぬお仕事であり、それがまた子どもたちに返るので、大変素晴らしい職業とも言えるのですが、楽しみも大きいかわりに、苦労も人一倍と言った所でございましょうか。
    子どもは、神さまからの授かりものとして、心を養い身体を育てて行くという、一大使命のもとに、毎日が真剣勝負の用で、少しの気のゆるみから大変な事にもなりかねません。
    にもかかわらず、世の人々の乳幼児保育について言われている程でもなく、実際の認識の薄い事…。 小、中学と上に行くほど、取り上げられ方も違って来ますが、人間として一番大切な部分である、乳幼児の保育については、国を始め、まだまだ少ししか認識が得られていない現状です。
    肝心の母親たちの中にさえ、よく理解されていない部分があります。でも当囲も40年の歳月を刻み、沢山の素晴らしい先生方が生まれました。
    今は亡き会長出口光平が、天国から「ゴー!」と発信して来ているようでございます。
    この40年の、皆さまの足跡を記する事によって、後に続く人たちへの大きな大きなプレゼントにこの文集がなる事を期待いたします。
    寄せては返す波は子どもたち、大海原にドンドン泳いで出て行きます。後に残された砂浜には、美しい桜貝が一ひらこひら、波に洗われてその姿は見えたりかくれたり。それは保母たちの姿、全部見えないからと言って文句は言いません。
    あぁ、あの時の桜貝はやさしい色をして光っていたなぁと、成長した子どもたちに、時には思い出してもらえたらそれで満足です。
    少ない予算で、どれだけの体裁のものが出来るか解りませんが、その分、中味の濃いものになります事を祈ります。
    今日は皆さま、ゆっくりご歓談頂きまして、よき一日となりますよう、お時間の許す限りお楽しみ頂き、また、座談会も実りのあるものになりますように、心からお願い申し上げます。

  • 〔この道『保母たちの40年』誌より〕

  •  ▲TOP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ももたろう