かめほブログ

お茶室体験・・・  年長組 11月29・30日

コロナ感染症の影響で、この2〜3年「月釜」が持てません。もし「月釜」が開かれていたら、毎月降園時に「お茶室入席・お薄を頂戴します」となるのですが、それが出来ないままに、間もなく卒園を迎える年長さんたち・・・。29日に二クラス4席、30日には一クラス2席の『お茶室体験プログラム』がありました。

担任の先生の仕草を見ながらお茶室に入席・・・。お床のお軸やお花を拝見し定位置へ着座・・・。まずはお菓子〔葛切り餅〕が運ばれ、その後、水差しや杓立て〔柄杓や火箸が飾られている〕・建水等が置かれた、及台子と呼ばれる御棚に飾られたお道具などを拝見しながら、理事長先生のお点前が進められる。

お茶室の中は、赤い毛氈が敷かれ、シュンシュンと湯気を上げながらたぎるお釜、そして担任の先生やお運び等お手伝い下さる先生方、お点前をする理事長先生も着物や袴をつけた姿であり、何時もとは違った緊張感が・・・。

お点前が進み、やがて「お菓子をどうぞ」との発声で、みんなで美味しくお菓子を頂戴し、その後、運ばれて来たお薄を頂戴する。3クラス中 1〜2名は、お菓子やお薄が苦手だと言うお友だちもいましたが、外は全員が、美味しい、甘い、苦いけど・・・等々言いながらの貴重な体験となりました。

お薄を飲み終えた頃から、園長先生も入室され、お床のお軸 『ふぼのおん きよこ』 や、飾られたお花 『みつまた 椿・西王母』 、また御棚 『及台子』 の謂われ、併せて三月には卒園式を迎える心構え等についてお話があり、静かに耳を傾けました。

静かな和室で、約一時間に及ぶ正座での『お茶室体験』・・・。きっと、思い出に残る、貴重な時間であったと思います。再来月には、自分で作った世界で一つしかないお茶碗が出来上がると、お自服のお茶会も予定されている年長さんたちです。

亀岡消防署と合同の避難訓練  11月28日

調理室から火災が発生した・・・との想定で、亀岡消防署の方々にも参加賜り、全園児と合同の「避難訓練」が行われた。

9時40分、警報ベルが鳴り響き、火災発生・火災発生・・・との全館放送。

『先生方の誘導で、速やかに亀岡高校のグランドに避難して下さい』とのアナウンスがあり、避難時の座布団を頭に、ハンカチで口や鼻を多い、年長さんたちは屋上からのスロープで、年中・小さん等々は、それぞれの出口からグランドへ。

全員が無事避難し終えた事が確認された時点で、消防署の方からも総評や、「絶対に火遊びをしないよう」との呼びかけ、また白布を使った煙の性質〔煙を吸う事の恐ろしさや、しゃがんで避難する事の大切さ〕等を、教えて頂きました。

その後、全園児が園庭に移動し、消防自動車から“放水”の実施〔園舎大屋根に向かっての放水〕等があり、「オオッー」とびっくり・感動しながら拝見しました。

そして実物の消防車を間近で見学、年長さんたちは、プレイルームで「煙体験」をして、合同避難訓練を終了しました。

これから年末年始にかけて、暖房のためのストーブの使用など、火のお世話になることが多くなる季節となりますが、火の用心に心掛け、絶対に火遊びなどはしない・・・事を、お誓いしたいと思います。

 

年少組竹ぽっくり披露 全園児が応援

11月11日、小春日和の好天にめぐまれ、全園児が応援に駆けつけるなか、年少さんたちの「竹ぽっくり披露」が行われました。

孟宗竹で作った竹ぽっくり・・・。15㌢くらいの高さになるでしょうか?  節の所に穴をあけ紐をとおし両手でもち、その髙下駄に両足を乗せ、ぽっくりぽっくりと前進するのです。

慣れるまで最初の頃は、中々感覚がつかめず、苦心した児もいましたが、今日はみんなの声援もあり、みんな上手に乗りこなしていました。

来年は、天狗の高下駄、再来年には竹馬や板飛び越えにも挑戦していく年少さんたち。みんなかっこ良かったですよ・・・。

11月10日、保育園まつり 青空のもと総出で

好天に恵まれ園庭いっぱいを使って、全園児総出で「保育園祭り」が開催されました。

全園児が、揃いの法被を着用し園庭に集合・・・。開会宣言のあと、年少さんたちによる「エビカニクス」が披露される。全員が注目するなか、「エビ カニ エビ カニ エビカニ エビカニ エビカニエビカニ ワォー♪」と、軽快な音楽に合わせて園庭を一周も二周も・・・。いやが上にもお祭り気分が高揚する。

 

その後、年中さんたちの手作り神輿が登場。だりあ組の「恐竜みこし」、きく組の「海の生き物たちみこし」、ふじ組の「カブトクワガタみこし」と、趣向を凝らした神輿を、これまた景気よく「ワッショイ ワッショイ」のかけ声とともに登場。

そのまま年中さんたちは、ケアハウス朝野の前まで、市道に出て巡幸・・・。

園庭では、可愛い乳児さんたちが、「アンパンマン神輿」の綱をひきながら園庭を巡幸・・・。あさの前まで巡幸した年中さんたちが園庭に帰ってからは、神輿制作の意図や、苦労話なども紹介されました。

 

その後、年長さんたちの手作り商品が並べられた「お店」や、保護者会役員さんたちによる「お店」等が紹介され、参加者全員がその「お店」を訪ね、売り子の年長さんたちと、値引き合戦などもあり、2時間近くに及んだ本年度の『保育園まつり』が、賑々しく開催されました。

 

今年も、保護者の皆さまには、ご参加を遠慮願いました。来年こそは新型コロナウィルス感染症騒動も終息し、保護者の皆さまにもご参加頂きながらの「保育園祭り」開催となりますよう、祈念申し上げる次第です。

 

11月9日、はじめて月次祭に参拝  年長組

年長組のみんなは、はじめて『月次祭〔つきなみさい〕』に参拝しました。そして、各クラスの半数のお友だちが、玉串奉奠〔たまぐしほうてん〕もしました。残った半数は来年2月の月次祭で玉串奉奠をする予定です。

 

月次祭は毎月、二階ホールに祀られているご神前で、園長先生をはじめ職員室の先生方が参拝して執行されていますが、毎年恒例として、年長さんたちが2回〔11月と2月に〕参拝し、全員が玉串奉奠等を行っています。

 

1時間程に及ぶ祭典行事でしたが、みんなきちんと正座をして、静かに姿勢を正して参拝しました。祭典後は理事長先生が、前夜の「皆既月食」等の話しや、神饌物〔しんせんもの・お供えされている野菜果物など〕、そして玉串奉奠の持つ意味などについて話され、耳を澄ましました。

 

また、お供えされた「お菓子」などは、祭典参拝後各クラスに、年長さんたちの手によって配られ、年中年少・乳児さんたちも大喜びでした。

 

11月2日、おにぎりパーティー  園庭で

青空のもと園庭を会場に、『おにぎりパーティー』が持たれました。

9時15分、年長さんたちのクラスでは炊飯器のボタンが押され、やがてふっくらとしたご飯が炊きあげられました。みんなは、どんな炊きあがり状態かな? と、楽しみに待っていました。そして、炊飯器から移されたご飯を、適当な分量、各自の手のひらに・・・。

“あんまり固めににぎらず、ふんわりとおむすびにしてや”など、先生の指導のもと、沢山のおむすびが出来上がりました。

 

園庭にはブルー-シートが拡げられ、青空のもと、少し汗ばむくらいの陽気。この時期にしては、本当に有り難く勿体無い位のお天気。

調理室で炊きあげられた好物の「豚汁」は、大きな釜で準備されており、各班別の容器に移され、年少・年中・年長さんたち混合班となったみんなに配られる。みんなに行き渡ったところで、「天の恩 土の恵みにうまれたる・・・」と、三首のお歌をみなで唱和し、いただきま〜〜す。

 

一個のおにぎりではお腹いっぱいにならなかったとて、二個も三個もおかわりしてほおばるお友だちも・・・。最後まで良いお天気で、素晴らしい「おにぎりパーティー」を堪能させて頂きました。

 

保護者会プレゼントありがとうございました

『保護者会からのプレゼント』として、『移動おんがく実験室 スタジオ・ムジカ』さん〔京都市〕をお招きし、乳児組、年少・年中組、そして年長組と三回にわたって、10月21日午前中、二階の大ホールを会場に楽しい時間を過ごしました。

「コンガ」と言う、樽型の胴の上面に皮を張った打楽器や、「ダラブッカ」と言うトルコ音楽等で使われると言う打楽器、「ビリンバウ」と言うブラジルのタンバリン等々、初めて見るような楽器も多くありましたが、かんちゃんやみやけさん、りょうた、みつる君、なお君、くろちゃん等々、親しみあふれる六人のメンバーが、軽快な語り口と器楽演奏で、それぞれ年代毎に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

ギターの音、三味線の音、レインスティック〔雨の音〕、バァードコード〔鳥の音〕、ウクレレの音等々の、各楽器による聞き分けや、年長さんたちは最後に、各楽器に触れることもでき、また「スタジオ・ムジカ」の皆さんと協働して『もみじ』を演奏するなど、楽しいフィナーレとなりました。

 

「スタジオ・ムジカ」の皆さんは、亀岡保育園に初めて来て、音楽教育に力を入れていること、楽器の種類等が多いことに驚いたと、話して下さいました。

 

メンバーの皆さまの、今後益々のご活躍をお祈り申し上げますと共に、保護者会の皆さまには、素敵なプレゼントを頂戴し、本当に有り難うございました。

 

青空のもと 年少・年中運動会 9月27日 盛大に開催

西日本から、お天気が崩れそうだとの予報があり心配しましたが、9月27日午前9時半から、雨が降る事なく青空も拡がり、予定通り無事盛大に「年少・年中組運動会」を開催する事が出来ました。大勢の保護者の皆さまにも、朝早くからご参観ご声援を賜りご苦労さまでした。ありがとうございました。

園庭には万国旗が飾られ、入場門には「第72回 うんどうかい」と示されたアーチが設えられ、いよいよ雰囲気を盛り上げてくれました。

 

年少・年中組が園庭に入場。園長挨拶のあと「園歌」また「運動会の歌」をみんなで斉唱。身体をほぐす柔軟体操〔サザエさん体操〕と続き早速競技に・・・。

先ずは年少組のかけっこ。一生懸命すぎて転ける児もいましたが、みんなの声援を受けつつ、最後まで全力を出し切って頑張ってくれました。その後、年中組のかけっこ。これまた大勢の声援を受けつつ、一生懸命走ってくれました。

その後、年少組の遊技「ぱっぱっぱっぱ はな かっぱ」・・・。ハワイアンスタイル? で、軽快なリズムにのって楽しく踊り、みんなからの声援を得ました。

引き続いて年中組の遊戯は「爽涼鼓舞」・・・。大太鼓のリズムで入場。両手にバチを持ち、題名に添う爽やかな演舞でした。

 

最後に、親子競技が持たれました。年少組は「かくれんぼ大作戦」・・・。親子で園庭に入場、大きな円形に並ぶ。競技は、園児たちが園庭中央に移動し、菱形に折った新聞紙を頭からすっぽりと被る。その間、保護者は自分の児がどこにいるのかは見てない。それを新聞紙の記事や履いてる靴・ズボンの模様などで見つけ出すと言うもの。案外早く見つける保護者、中々見つけられない保護者等々。楽しい競技で盛り上がりました。

そして最後の親子競技プログラムは、年中組の「線路は続くよ どこまでも」。園児が、保護者の置くフラフープ〔4個〕をぴょんぴょんとウサギ跳び。そのあと親子で、汽車をイメージした円形の遊具を持ち、円錐形の支柱をジグザグに回って、次の親子に渡すと言うリレー形式の競技・・・。ウサギ跳びも、親子での円形遊具の扱いもみんな上手にクリアし、楽しい親子競技となりました。

 

午前11時35分・・・、予定通り全てのプログラムを大過なく終了させて頂く事が出来ました。残された年長組の運動会は、来たる10月1日に開催予定です。

このページの先頭へ